パーティー婚活で女性に好感を持たれるためには、

どんな服装をしたらいいでしょうか。

 

限られた時間で、多くの男性の中から選んでもらう

ためにはファッションで差をつけるのが有効な手段です。

 

季節ごとに最適なファッションがあるので、

今回は、各季節でどんな服装をしたらいいのか、

お話したいと思います。

 

 

春は?

 

寒い冬が終わりあたたかくなってくる春には、

淡い色のシャツにジャケットをあわせるのがおすすめです

 

冬服のダークな色合いを見慣れた女性の目に、

やわらかく新鮮にうつるでしょう。

 

シャツは、水色やピンク、ホワイトを選ぶと

顔色もよく見えます。

 

淡い色同士のストライプなど、

ニュアンスがあるものもいいです。

 

ジャケットは、真っ黒ではなく

濃紺やグレイを組み合わせてみてください。

 

爽やかな印象になります。

 

カジュアルなパーティーなら、カーディガン

をさらりとはおるのも素敵です。

 

若々しいイメージを演出できます。

ボトムスは、スーツならセットのものをつかえばいいですし、

カジュアル系ならキレイ目のチノパンがおすすめです。”

 

夏は?

 

 

汗をかく夏は他の季節よりも、

いっそう「清潔感」が求められます。

 

暑苦しい季節に、

不潔な男性と仲良くなりたいとは思わないはずです。

 

クリーニングや洗濯をするのはもちろん、

「襟元や袖口に汚れがないか」

「タバコや食べ物、汗の匂いがついていないか」

入念にチェックしましょう。

 

ジャケットの素材は涼しげな「麻」を選ぶといいでしょう。

 

通気性がいいので汗がこもりにくいのもメリットです。

袖は7分丈だと見た目にも爽やかです。

 

インナーはボーダーのTシャツが素敵です。

 

パンツに紺色を選ぶとマリンルックの完成です。

 

ただし爽やかさを追求して、

真っ白なパンツをはくのはお洒落に自信のある人以外は避けた方が無難。

 

汚れが目立つ上、上手に着こなさないと「ナルシストっぽい」

と陰口を言われることもあります。”

 

冬は?

 

寒くて人恋しくなる冬は、

パートナーを探すのにぴったりの季節です。

 

白・黒・グレイのモノトーンで

全身を揃えるとクールで大人な印象になります。

 

素材は1点やわらかなものを選ぶと、

思わず「触ってみたくなる」男性になります。

アイボリーのニット、黒いパンツ、

黒い革靴のモノトーンコーデをベースに、

ブラウンのジャケットを投入するのもおすすめです。

 

差し色で小物を使うのも女性の目をひきます。

 

上品なパープルをつかえば色気をまとうことができます。

 

落ち着いた赤色も、他の男性より目立つことが

できるので使うといいでしょう。

 

使う小物はマフラーやネクタイ、

さりげなく見える靴下など。

 

気を付けないといけないのは、過剰な色使いです。

「お洒落すぎ」たり「主張が強い」ファッションは

女性が及び腰になる可能性があります。”

まとめ

 

男性の考えるモテと女性の思うモテはギャップがあります。

 

男性から見て、女性のお洒落に疑問を抱く時が

あるはず。

 

それと同じです。

 

オールシーズン通して本当に必要なのが「清潔感」と「過剰でないお洒落」です。

 

そして、春には春の、冬には冬の、

各季節に最適なファッションがあります。

 

その3点を押さえておきましょう。

 

もちろん上に挙げた以外の尖ったファッションを好む女性もいます。

 

あなたの好きなお相手がそうである場合は、

お洒落をがんばった方がいいでしょう。

 

しかし、パーティーや婚活では多くの女性の

好感を狙わなければいけません。

 

大多数の女性が好きな

ファッションを心掛けると、出会いの幅が広がります。”